クレジットカードとキャッシングローンカードの違い

クレジットカード・ローンカードとは

現在の人々の生活において、日常の様々なライフイベントに「クレジット」や「ローン」が利用されています。

 

海外の国の中には、現金を持ち歩くのが危険な場合があり、クレジットカードがよく利用されています。
また、マイホームや自動車など、一括で買うのが難しいものにはローンが利用されることが多くあります。

 

実はあまりよくわからない「クレジット」と「ローン」の違い。
多くの方が知っているようで実はあまり理解していない「クレジットカードとローンがどういうものか?」あらためて確認しておきましょう。

 

クレジットカード(クレカ)とは

ショッピング

credit(クレジット)=「信用」を意味します。

 

一般的には信販会社などに提出する申込書類に記入した内容に基づいて審査が行われ、利用可能額が決定され、クレジットカードが発行されます。

 

いわば契約者を信用したカード会社が現金を貸す代わりに発行するカードで、クレジットカードを提示することで、商品やサービスを先に受け取り、後で代金を支払うことができます。

 

利用限度額以内であれば何回でも利用でき、支払いは登録されている預金口座から引き落とされます。

 

クレジットカードのメリットは、現金を持たずに済み、先に商品やサービスを受け取ることができる点です。
また、カードを紛失したり盗まれたとしても、カード会社へ連絡すればカードの利用を停止することができます。

 

もしも不正に使われていたとしても契約内容に基づき損害額は補填されます。
現金を持ち歩かなくて済み、安全性の高いクレジットカードは海外旅行では必需品といっていいでしょう。

 

 

今では、電話・電気・公共料金の引き落としもでき、カード会社によっては年会費無料、ポイントサービス、損害・旅行保険、優待サービスなどの特典が付くものもあります。

 

ローンカード(キャシングローン)とは

キャッシング

銀行や消費者金融会社が審査を行い利用限度額を設定しカードを発行します。

 

クレジットカードと違う点は現金を借りるためのカードであるということ。
つまりローンカードを提示しても買い物をすることはできません。

 

一般的に利用限度額が大きく金利が低い融資は審査が厳しく、逆に金利が高く利用限度額が少ないものは比較的簡単に借りることができます。

 

利用限度額以内であれば何度でも利用することができ、一般的な返済方法はリボ払いです。

 

ローンカードを作っておけば、手持ちのお金がない時に現金を借りれるメリットがあります。
しかし短期返済なら金利負担は少なくて済みますが、長期返済する場合は金利負担が大きくなりますので返済計画を考えて利用するようにしましょう。

 

リボ払いとは
返済方法として利用残高に応じて、月々に定額あるいは定率で支払うのがリボ払いです。
毎月、無理のない金額で返済できるメリットがありますが、返済回数が増えれば返済期間も長くなり、いつ返済が終わるのか分かりにくくなるデメリットもありますので必要以上の借りすぎには注意しましょう。